1. TOP
  2. 02.寺社旅
  3. 01.寺社のニュース
  4. スマホ依存は治さなくていいという『流されない練習』

スマホ依存は治さなくていいという『流されない練習』

01.寺社のニュース
 

流されない練習

東京・目黒区にある五百羅漢寺の佐山拓郎住職。むかーし、ほーりーがテレビ番組の仏像特集でガイド役として出演した時、この五百羅漢寺の案内役として出てこられたのがこの佐山さん(当時はまだ、住職ではなかった)でした。

それから数年経ってひょんなところで再開し、いつの間にか作家デビューされて法話をまとめた本まで出ました。その処女作『流されない練習』を頂いたのですが、こちらが面白かったので紹介します。



 流されない練習: 他人・感情・情報と“上手に付き合う”コツ

 佐山拓郎 著

 Amazon 楽天ブックス で購入

この流されない練習。「他人」に流されない、「感情」に流されない、「情報」に流されない、「常識」に流されないの4章立てで成り立っています。こうした日常的に流されやすいものについて、一度立ち止まって考えてみようということが、本書のテーマです。

例えばスマホ依存。一日中スマホをいじっていることに、警鐘を鳴らす人がいます。ですが佐山住職は、そんなの気にせず、堂々と使えばいいじゃんと主張しています。

例えば家族。親子関係は美化されすぎる風潮があるが、追い詰められるなら憎んでも、逃げ出しても良いと述べています。

例えば決意。一度これをやると決めたとしても、そこに固執しなくて良いと語っています。

こんな感じで、自分の意思とは反対に向かいやすい圧力が、一つ一つまとめられていました。

そして佐山住職はもともとゲームや漫画大好き人間なのですが、ドラクエ、タッチ、こち亀、ドリフなどから拾い上げたネタを、ところどころにぶち込んでいきます。

いや~、世代がほーりーと一緒なので、めちゃくちゃ分かりやすいです。

そして当然ながらお坊さんが書いた本なので、仏教の話も出てきます。

仏教は「感情を捨てろ」なんて言ってない。佐山住職の解釈だと、喜怒哀楽を目一杯感じ、そのなかで楽しいことを追い求めるのが仏教とのこと。

これなんて、テンプレート的な仏教解説から見れば、えぇえ~って思ってしまいますが、嬉しいことも悲しいことも自由に表現して良いそうです。

「いい加減を目指せ」「気持ちは揺れるものと心得る」「自分勝手な時間を作る」と、よく言えば自然体、悪く取れば適当なさじ加減をこの本では大切にしていました。これもまた、流されない上で大切な極意なのでしょう。

ということで、ゆるいお坊さんが書かれた『流されない練習』。ぴりぴりと張り詰めた空気を日々求められている方には、気づきの多い本になりそうですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

流されない練習

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 比叡山で修行を終えるお坊さんが、平和を祈念して東京まで歩きます

  • ホリエモンがお寺離れ深刻化に悩むお坊さんの相談に答えています。

  • 仏さまカード楽しすぎる! これは寺社コンで使いたい

  • お坊さんが作った『御朱印あつめ』に見る、ゲームと仏教の可能性

  • 水族館ナイト

  • 出羽三山