1. TOP
  2. 02.寺社旅
  3. 01.寺社のニュース
  4. あつまれ どうぶつの森(あつ森)にできたお寺が、ツイッターで話題

あつまれ どうぶつの森(あつ森)にできたお寺が、ツイッターで話題

あつまれ どうぶつの森

 コロナによる巣ごもり消費もあり、世界中で大ヒットしているNintendo Switch用ゲームソフト『あつまれ どうぶつの森(通称・あつ森)』。こちらにお寺を建立したお坊さんがいると、話題になっています。

 あつ森は無人島に移住して、気ままに生活を送るゲームです。家を建てたり、部屋のレイアウトを自分好みに整えるなど、その自由度の高さで人気が集まっています。

 そしてゲーム内に作られたお寺がこちらです。

 うむ。ご本尊がマトリョーシカなのがご愛敬ですが、普通に木魚とか配置されています。

 畳と障子の和室に毛氈を敷き、赤く塗った机を須弥壇に見立てるなど、お寺らしさを表現した工夫も目立ちます。アバターが着ているお坊さんの法衣は、ゲーム内で自作されたほどのこだわり様です。

 このきめ細やかさがヒットして、「ゲームにお寺を作ったお坊さんがいる」と、徐々に話題となってきました。

 また、様々なお寺関連グッズを手がける、フェリシモおてらぶさんも参戦! こちらは建物の外を、お寺っぽくされています。

 さらに教会を作った方もいるようです。こちらも素晴らしい再現度ですね。

 ちなみに「あつ森」は、お墓の種類も豊富にあります。Wikipediaさんの情報によると、コロナでお葬式が行えないため、現実世界で亡くなった家族やペットの追悼を行うケースもあったとのこと。

あつ森にお寺を作った勝野光栄さんの言葉

勝野光栄さん&ほーりー

 『あつまれ どうぶつの森』は、非常に細やかなツールが多く、アイディア次第で様々なことが行えます。しかし宗教関連はどうしても制限が多く、お寺っぽい形を作るのはとても苦心されたとのこと。

 それでもゲームの中でお寺を表現したことから、多くの方の目に留まるようになりました。

 このあつ森寺院を作られた勝野光栄さんにお話を伺うと、以下のように話されていました。

 お葬式や法事などではなく、平時にお寺に人が来て頂くためには、まずお坊さんの人となりを知って頂く必要があります。最初は趣味から始めたお寺作りでしたが、ゲームを通してこんなお坊さんがいると知って頂くことで新しいご縁も生まれています。

 また勝野さんは日蓮宗のお坊さんで、山梨県身延町にある金龍寺の住職をされています。つい最近までは身延山久遠寺門前にある宿坊に務められてもいました。

 そこでゲーム内に身延山を再現したら、面白いのではと思われているとのこと。

 現在、コロナ禍で話題になっているものの一つに、バーチャル観光があります。例えばシンガポールを代表するリゾート地・セントーサ島では海岸などが閉鎖され、観光客が来られなくなりました。

 そこで行われたのが、ゲーム内にセントーサ島を再現した島を作るプロジェクトです。この『あつ森』では他のプレーヤーを自分の島に招待する機能があり、期間限定でバーチャル観光ツアーを企画したところ、世界中から応募が殺到しました。

 他にも個人・団体を問わず様々な地域で街の再現は行われていますが、身延山あつ森別院とかあったら、これはめちゃくちゃお参りしてみたいです。

 久遠寺へと続く強烈な勾配のある石段・菩提梯(ぼだいてい)は、ゲームの世界でも再現しやすそうですし。まずはバーチャルで登って興味を持たれた方が、次は実際に現地に行けば楽しみが2倍になります。

身延山の菩提梯

 ちなみに宿坊研究会でゆる身延さんに連載頂いている身延山紹介記事では、この『菩提梯』は人気記事のひとつです。やはりそれだけ、インパクトの強い身延のシンボルですしね。

 他にも門前町をぶらぶら歩いたり、実際に宿坊に泊まったり。そして春には街中に桜が咲くとか、身延ならではの仕掛けがあればワクワクしますね! まだアイディア段階のようですが、これは期待しちゃいます。

ということで、、、

 勝野さんのツイッターを見ていると、こんな言葉もありました。

 画一的な評価基準がなく、それぞれが良いと思えばそれでオーケーな場所。これはお坊さんの法話などでも、そのまま使えそうな話です。

 ということで、身延山だけじゃなく、日本各地のお寺や神社とかがゲーム内に生まれてあつ森で聖地巡礼ができたら面白そうと、勝手に妄想を膨らませてしまうほーりーでした。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

あつまれ どうぶつの森

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 尼僧漫画家の悟東あすかさんが絵を封印して書いた本がためになる

  • 果たして一般に言われる坊主丸儲けは本当か? 『「ぼうず丸もうけ」のカラクリ』

  • ほーりーのパワースポット寺社巡り

  • お台場で高野山イベント。宿坊研究会の読者限定で5名の方をご招待!

  • 経王寺 宮角孝雄写真展

  • 日蓮宗の檀家さんがほーりーを全否定する5つの理由