1. TOP
  2. 03.寺社旅研究家のアイディア集
  3. 01.寺社活性化
  4. 誰もが入りやすいお寺は、お寺にとって本当に助けになるのか?

誰もが入りやすいお寺は、お寺にとって本当に助けになるのか?

お寺の門

お寺の敷居を下げることは、
本当にお寺にとってためになるのだろうか?

先日、お寺の活性化について話し合っているとき、
とにかくお寺に人が集まりさえすれば、
お寺は上手くいくようになるという論調にハラハラし、
そんな疑問を周りにぶつけてみました。

私自身、お寺の活性化でお坊さん達の講師をさせて頂いたり、
その中でお寺に人が入りやすくなる方策をお話させて頂いている人間です。
お寺の敷居が下がり、誰もが入りやすくなることに、なんの異論もありません。

ただ一方で目的もなくお寺の敷居を下げたとしても、
お寺にとっては無闇に応対する相手を増やすだけで、
かえって疲弊してしまう
のではないか。

そんなことも、考えています。

もちろん面倒くさいから門を閉ざそうというお寺は論外です。
出来るだけ多くの方に寄り添おうという姿勢は、
お寺にはあってほしいと思います。

しかし檀家もおらず、平日はサラリーマンとして働き、
さらに土日にお寺の仕事をこなしながら、
まだまだ負担を増やすような敷居を下げろという要求。

これでは中にいるお坊さんやお寺の方を
潰す行為になってしまうだけではないかと思ってしまうのです。

現在のお寺はほとんどが檀家さんからのお布施で経営
(と、言っていいか分かりませんが)が成り立っています。

しかしイベントや人生相談などでお寺に訪れた方が、
そのまま檀家になって葬儀を頼むことはそれほど多くはないでしょう。

お寺の敷居を下げるのであればそれがお寺にとっても、
特に経済的な助けになる形が必要
かなと考えています。

私はそれを実現するテーマとして宿坊と仏前結婚式を挙げていますが、
お寺のいろんな収益モデルを作る作業がなければ、
敷居を下げるという理想も絵に描いた餅に成りかねません。

近年のお寺を開こう、一般の人を呼び込もうという風潮は、私自身は賛成です。

ただ一方でその先を見据える段階にもそろそろ入っていかなければ、
お寺を開こうという火もいつか消えてしまうのではと危惧しています。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

お寺の門

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ほーりーは2万円(と交通費)で、お寺の相談に伺いますよ

  • お寺・神社には信仰心を持ってから入れという不可解な意見

  • 議論紛糾、しぶしぶ東京に送る長浜の仏像が切り開く未来への道

  • 自粛が緩和されていく中で、お坊さんが社会に伝えられること

  • 精進ソースのご祈祷で、泰聖寺にはいくらお金が入るのか?

  • 御朱印のマナーと人間性のマナーとは、今一度分けるべき