1. TOP
  2. 03.寺社旅研究家のアイディア集
  3. 01.寺社活性化
  4. 土日は法事で忙しいお寺の、平日稼働率を上げる方法

土日は法事で忙しいお寺の、平日稼働率を上げる方法

お寺ゲストハウス

お寺は土日が忙しく、平日はあいている。
この平日に人が集まる工夫はないか?

先日、お坊さんからこんな質問を受けました。

当然のことですが人が集まるためには物理的にも制度的にも、
仕事や学校などの拘束から外れていなければなりません(一部を除いて)。

なので平日稼働率を上げるとしたら

・会社を休んでも来ずにはいられないイベントを作る
・会社帰りに来られる夜に開催する(特にノー残業デーの多い水曜日など)
・休日が忙しいサービス業勤務の方、未就労者や退職している年配者を対象にする
・学校行事や会社の研修として来てもらう

などが挙げられます。

しかし私としてはもう一つ、
平日・休日関係のない人達を考えたいと思っています。

それは外国人バックパッカーです。

海外からの旅行者は1ヶ月くらいの長い期間を、
日本で過ごすことが珍しくありません。
そしてこうした方々は、出来るだけ安く泊まれる宿泊施設を求めています。
さらにそれが日本の歴史や文化を感じられるお寺であったなら。
これは間違いなく喜ばれます。

実際に英語の得意な一部の宿坊
(バックパッカー向きというほど安くないことがほとんどですが)は、
海外でも人気が高まっています。

また、海外旅行者が活用しているゲストハウスは、
地域にもよりますが需要に対して供給が間に合っていないのが現状
です。

さらに東京五輪が決まった現在、
日本は国策としても海外からの旅行者受け入れに
今まで以上に力を入れることは間違いないでしょう。

事実、旅行者の目標を人数で定めている観光庁などは、
数が稼げるバックパッカー層には大きく注目しているようです。

しかし当然ながらバックパッカー向けお寺ゲストハウスの開設は、
言語の壁や運営ノウハウなど課題がたくさんあります。

そこで宿泊施設の運営や英語での予約受け付けはプロに任せ、
座禅や写経などの体験指導はお坊さんが行う。
また廃寺をゲストハウスに改装し、平日日中だけお坊さんに来てもらう。

そんな仕組みが取れないかと、現在様々な業界の方とお話をしています。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

お寺ゲストハウス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 議論紛糾、しぶしぶ東京に送る長浜の仏像が切り開く未来への道

  • お坊さんが顔と名前を出す『まいてら』の面白さ

  • 地元を守るために「乗らなくてもよい鉄道」になったいすみ鉄道からお寺が学べること

  • 技術革新が進む木造建築の普及で、寺社の聖域性は増していく!

  • 曹洞宗の法話が形式的になりがちな3つの理由

  • コンドームの達人や元AV女優を呼ぶお坊さんが切り開く道