1. TOP
  2. 01.ほーりーの活動記
  3. 02.寺社コン
  4. 関西女性の皆様。寺社コンキャンセルを少し控えて頂けると助かります

関西女性の皆様。寺社コンキャンセルを少し控えて頂けると助かります

02.寺社コン
 

関西の寺社コン

今回は率直なお願いです。

このところ関西の寺社コンで男女の人数を合わせるのが、とんでもなくハードモードになっています。

理由は女性のキャンセル比率の高さです。関西の女性は「関西男性」「関東男性」「関東女性」と区分して見ると、他の方よりも極端にキャンセル者が多い状況になっています。

大まかに言えば、一回の企画で30人が申し込んでも20人がキャンセルするような回が続いています。このため先に女性の申し込みを締めて男性だけ受け付けても、男性をお断りすることになってしまったり、ときどきキャンセル者があまりいない時は女性を大量にお断りせざるを得なくなる形に追い込まれています。

このままの状況が続くと関西の寺社コンの存続自体も危ぶまれるため、今回はお願い文章を書かせて頂くことにしました。

なぜ、関西女性のキャンセル率が高くなってしまうのか

これは別に関西の女性がずぼらだからとか、そういった話ではありません。寺社コンは現在、関東では(そのときの回にもよりますが)男女バランスが良好なものの、関西では圧倒的に女性のお申し込みが多くなっています。

すると、何が起こるか。女性のお申し込みが多い回は女性の受付だけ早めに終了し、男性のみ受付としなければいけません。

そしてこの状況が続くと人の心理としては当然ですが、女性はなるべく早めに申し込みしようと思いますし、男性は逆にぎりぎりまで決断を先延ばししようとします。

で、早い時期に申し込む女性が多くなる分、都合が付かなくなりキャンセルとなる方が増えていきます。

私は過去に都道府県別の未婚男女比率も調べたことがあるのですが、関西は他に比べて女性が多めの地域なので、これは寺社コンの努力だけでは限界のある部分です。

都道府県別未婚男女人口比一覧。婚活しやすい県をランキングしました

キャンセル者が多すぎると、男女ともにお断りが増える

しかし現在、関西での寺社コンが直面している課題が「お申込み頂いたものの参加受付できない人が、男女ともに増えている」というものです。

ほーりーのポリシーとして寺社コンが出会いの場である以上、男女人数は可能な限り合わせる努力をしています。が、30人のお申し込みがあっても20人がキャンセルする状況では、そんなことはほとんど不可能です。

現在は関西だけ男性人数より多めに女性を受け付けた上で調整に入っていますが、それでもふたを開けると女性が少ないことはよくあります。

また、キャンセル者が少なかった(キャンセルがいなかったこと自体は、良いことなのですが)回は、女性側がかなり多くなってしまいます。

その結果、男性が多すぎれば男性を断りますし、女性が多すぎれば女性を断ります。男女人数を合わせることを放棄すればこの問題は解決できますが、さすがにそれは抵抗のある部分です。

なので急な用事や体調不良など、どうしようもないことがあるのは理解していますが、それでも男女人数をシビアに調整している企画なのだということをご理解いただいた上で、できる限りキャンセルは防いで頂けるとありがたいです。

関西の男性にもお願いしたいこと

もちろんこうした原因を、女性だけに求めるわけにもいきません。男性のお申し込みが締め切り間際で駆け込むことが多いのも、女性のキャンセル比率を上げる大きな要因になっています。

なので男性で寺社コン参加を検討されている方(特に毎回、締切直前にお申込みされる方)は、可能でしたら早めにお申し込みをお願いできたらありがたいです。

これもまた仕事のシフトが決まる時期とかいろいろとあるでしょうし、早く申込みしすぎると逆にキャンセルの恐れが出てしまうケースもあり、一概に早く早くと急かすわけではないのですが、それでも無理ない範囲で決断を早めて頂けると、女性(回り回って男性もですが)の受付環境の改善につながります。

ほーりーの立場としてせっかく寺社コンにお申込み頂いたものの、「男女人数が合わずで参加受付できずにすみません」と言うのはとても心苦しいため、こちらもご協力をお願いできたら助かります。

関西の方には男女ともに、最近本当に謝り通しなので。

ということで、、、

たいした理由のないドタキャン(「今日、寝坊したのでキャンセルします」とか)や、何度も何度も申し込んではキャンセルを繰り返す方など、そうした方以外はやはりやむを得ない事情があるのは理解しています。なので絶対にキャンセルは認めないなんて、そんなことを言うつもりはありません。

が、数人であれば対処できるものも、これだけ多くなるとさすがに限界が近づいています。

なので男女人数を合わせている企画なんだということをご理解いただいた上で、可能な限りキャンセルしないで済むようにご調整をお願いします。

具体的には

○なるべくキャンセルを避ける
○どうしても都合が付かなくなったら、早めに連絡する
○お申し込みも、できれば早めに

という感じでお願いできると、主催者としては男女人数が合わせやすくなります。

もちろん寺社コンも、仕組みとしてこうした男女バランスが崩れる要因には改善を図っていきます。このお願いをブログに載せているのもその一つですし、できるだけ多くの方が気持ちよく参加できる場は整えていきます。

あと、関東では関西ほど厳しい状況になってはいませんが、上に書いたこと自体は無縁の話でもありませんので、同じようにご協力頂けたら嬉しいです。

先日は寺社コンで結婚した方やお付き合いが始まったカップル限定でお花見してきましたが、関東も関西もこれからも寺社をテーマに幸せな輪を力いっぱい広げていけたらと考えています。

寺社コンカップル限定のお花見会。ほーりーに無茶振りする人現れる!

今回はお願い事で大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

関西の寺社コン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • コロナで寺社コン中止になったけど、応援メールにほろりとくる

  • 寺社コンカップル限定お花見会の、幸せオーラがすごすぎた

  • 神経を目一杯使ってまで、寺社コンでフランステレビ局の取材を受けた理由

  • 寺社コンが何人の夫婦を誕生させたか、数えてみました

  • 出会いイベントを100回以上開催して学んだ、効率良く短時間で男女が仲良くなる方法

  • 婚活オオカミのほーりーが、狼信仰の霊地・御岳山に登場するよ