1. TOP
  2. 03.寺社旅研究家のアイディア集
  3. 02.生き方全般
  4. 世界が終わりになろうとも……

世界が終わりになろうとも……

「たとえ明日、世界が終わりになろうとも、私はリンゴの木を植え続ける」
ドイツの神学者で宗教改革の中心人物、マルティン・ルターの言葉です。

世界が明日終わることが分かっていたら、あなたは何をするでしょうか?

「吸血鬼にちがいない」という漫画で、これと似た場面がありました。

宇宙人が地球を滅ぼすためにミサイルを撃ち、
それを地球の人間に明日爆発すると宣告をしたシーンです。
(最もかなり頼りない宇宙人達で、結局不発に終わるのですが)

箱の中にこもって頭を抱えて震えている人。
ミサイルを打ち落とせと叫び続けている人。
甘いお菓子を最後だからと目一杯食べ続ける人。
好きな女の子に告白しに走る人。

そんな中で一人の少女がとった行動は、
山に出かけて水を汲み、その水でコーヒーを煎れるというものでした。

世界が終わることが分かっていたら、それはどんな恐怖でしょう。

そんな大それたことではなくても、世の中にはプレッシャーがたくさんあります。

たとえ明日、世界が終わりになろうとも、リンゴの木を植える平常心。
やるべき事をやる力。

最近、宿坊研究会の活動で、様々なことをするようになりました。
プレッシャーに負けず平常心で、淡々と歩みを進めていきたいものです。
世界が終わるような、絶望的な状況ではないのですしね。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 発言に怒る価値はないが、傾向に怒る価値はある

  • 正体や目的を明かさない人のメールは無視してます。ごめんね

  • 無料で講演依頼する方は、準備にかかる時間とお金を認識すべき

  • 話を聞くだけで満足する人の相談には乗らないことにしました

  • お金のためだけに働いている人は、AIや機械に仕事を奪われる

  • 前例がないと挑戦できない方。不安こそ、前に進むためのシグナルですよ