1. TOP
  2. 03.寺社旅研究家のアイディア集
  3. 02.生き方全般
  4. 1万倍わくわくする旅行の下調べ

1万倍わくわくする旅行の下調べ

あなたは本が好きですか?
私は大好きです。

高校時代には毎日のように本屋に通っていましたし、
今も本屋に立ち寄ると、いつもワクワクしてしまいます。

本を読むことと旅することは似ていますね。
どちらも違う世界を見せてくれます。

ところで「百聞は一見に如かず」という言葉があります。
私はこの言葉が好きです

どんなに聞いたとしても、実際に見ることには敵わない。
どんなにガイドブックを読んでも、インターネットやテレビで見ても、
実際にその場に立って肌で触れる空気には敵わない。

「百見は一行に如かず」と言っていた人もいました。
百回見ても、一回行うことには敵わない。真実だと思います。
そして私の旅は、そうしたポリシーで行っています。

でも、だとすれば、本を読む意味ってなんでしょう?
見ることの1/100の価値もないのか。
行うことの1/10000の価値もないのか。

私はここ数年、旅行関係の本はむさぼるように読んできましたが、
ふと、気づいたことがありました。

実は「百聞」には「一見」を手助けしてくれる力があるんですね。
「百聞」の土台を築いた上に立つ「一見」は、「百見」の価値があります

「一行」にも「百行」の価値があります。
逆に「百聞」のない「一見」から得られたものは、
全くといっていいほどありませんでした。

ぶらり気ままな行き当たりばったりの旅。
それも悪くはありませんが、一生懸命調べた上での旅。
同じ「旅」でも、1万倍の違いがあると思いますよ。

もしあなたが、旅行の下調べをいつも人任せにしてしまっているとしたら、
ぜひ一度だまされたと思って本を開いてみてください。
1万倍のわくわくが、あなたを待っています。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 夢をかなえるために必要なことは、やらないことを決めること

  • バブル後と異なり、コロナ不況の自死自殺は女性も増えていく

  • アンケート取ったけど、日本人は自分が楽には死ねないと思っている

  • 話を聞くだけで満足する人の相談には乗らないことにしました

  • 大澤香有さんの語る「お坊さんになって諦めたもの」が面白い

  • 無料で講演依頼する方は、準備にかかる時間とお金を認識すべき