1. TOP
  2. 01.ほーりーの活動記
  3. 08.その他の活動記
  4. AIを使ってお坊さんのイラストを描くスキルがアップしました!

AIを使ってお坊さんのイラストを描くスキルがアップしました!

 このところブログの更新をさぼり気味のほーりーです。2023年に入ってからいくつか新規案件が入ってバタバタしていたのと、いろんな技術実験が楽しくてそちらに没頭していました。

 その実験の一つに、AIにお坊さんの絵を描いてもらうというものがあります。去年、話題になり始めた時に、以下の記事をまとめました。

AIが絵を描くMidjourneyで仏教的なアートを作りました

 その時に私が作成した絵がこちらです。

森の中のお坊さん

 これはこれで味があってとても気に入っているのですが、もうちょっと日本のお坊さんっぽい感じにしたい&人物が正面を向いている絵にしたいという想いがありました。

 そんなわけで、それから約半年。いろんな試行錯誤を繰り返していました。最初の方に作成した絵がこちらです。

AIが描いたお坊さん

 むむう。これはちょっと厳しいですね。ほーりーが自分で描くよりは、ましかもしれない程度です。

 続いてこちら。初期段階では、比較的うまくできた方でした。ただなんかお坊さんというより、ぬらりひょんと言った方がしっくりきそうですね。

AIで描いたお坊さん

 さらに下の絵も初期に作ったものです。上の絵よりは、お坊さんっぽい感じが出ているかな? ただ人物画というより、人物がいる風景画といった趣です。

AIが描いたお坊さん

そんなわけで、レッツ試行錯誤!

 こんな感じでなかなか良い絵が出てこず、うまい方の事例を調べたり、呪文や使用するサービスをあれこれ変えたり実験を繰り返していました。

 そんな中で出てきたものがこちらです。人物の顔がようやくちょっと描けるようになってきました。

AIが描いたお坊さん

 さらに工夫を重ねて、こんな絵も作ってみました。日本のお坊さんはやはり日本の得意な分野(要するにアニメ系)で作ると、レベルが上がることがわかりました。

AIが描いたお坊さん

 他にもいろんなパターンを投下!

AIが描いたお坊さん

AIが描いたお坊さん

AIが描いたお坊さん

 今のところAIイラストの世界では、(ほーりーの作品に限らず)指の表現は絶望的にへたくそと指摘されています。お坊さんの絵も合掌はとても苦手なようでした。

 ただそのような欠点はあるにしても、絵の描けない人間でもサクッとここまで作れるようになったのは驚きです。フリー素材で圧倒的な地位を誇るいらすとやさんとか、使われる頻度が減るかもしれませんね。

 そんなわけで、奥深いAIイラストの世界。もうちょっと上達したら、絵を描く方法を整理してみんなで共有してみるのも面白そうです。

 他にもいくつかアイディアも沸いてきましたし、いろいろ試していこうと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

AIで描いたお坊さん(新旧)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 2009謹賀新年

  • 夫婦でゼロからお寺を作り、檀家500軒になった『みんなの寺』を取材してきました。

  • あけましておめでとうございます。

  • 大感謝。月刊住職でのほーりーの連載が50回を突破しました!!

  • 縁結びの本にこだわったことは

  • ほーりーへのお仕事依頼価格表、2022年版に更新しました