1. TOP
  2. 01.ほーりーの活動記
  3. 03.お寺の樹木葬
  4. アンカレッジが採用追い付かずテンパリ中。都内のお寺で働きたい方募集

アンカレッジが採用追い付かずテンパリ中。都内のお寺で働きたい方募集

お寺に特化して樹木葬を展開している霊園会社・アンカレッジ。こちらの伊藤社長がfacebookで以下のようにつぶやいていました。

こちらはほーりーも顧問としてあれこれ関わらせて頂いていますが、今年も右肩上がりの絶好調シーズンでした。特に去年の年末から今年の春にかけては新たなお寺のオープンラッシュで、社長の身体が心配になったほどです。

お寺の樹木葬が2週間で3ヶ寺オープン! 社長の体力が心配です

現在は全部で10ヶ寺。以下の場所で展開しています(図の中にないけど、神奈川県にも一ヶ寺あり)。

アンカレッジ提携お寺分布図

「お寺の樹木葬」とは、どのようなお墓なのか?

そもそも樹木葬とは何か? これは名前の通り樹木の中に作られたお墓です。地方部では山をそのままお墓にして故人を埋葬する(このタイプがもともとの樹木葬の発祥)こともありますが、都心部だとさすがに山一つなんて不可能ですし、アンカレッジではお寺の中に庭苑を作り、そこにプレート型の墓石を置いて「雰囲気の優しい、お参りしやすいお墓」を作っています。

アンカレッジ樹木葬墓地

またもともとお寺の住職が作った会社ということもあり、お寺と一緒に歩むことも大きな目標にしています。具体的には単にお墓を売ればよいということではなく、お墓を購入された方がお参りしやすい環境を整えることも大切です。

それと実際に働いてみたいという方にとって一つのキーポイントとなるのは、成約率の高さです。女性目線に立ったデザイン性や住職が積極的にコミュニケーションを取るスタイル、安さではなく価値観を伝えるコンセプトなど、他ではあまり見られないお墓ということもあり、実際に見学者の5割が購入されています。

成果が出やすいことはスタッフとしてのモチベーションにもつながりますし、働きやすい職場ではないでしょうか。

その他、細かなことは以下にまとめていますので、よろしければご覧ください。

駐車場3台分の土地で1億円以上の大ヒット。お寺の樹木葬を改めて紹介

アンカレッジの現在の求人情報

ということで、伊藤社長から現在のアンカレッジの求人情報をお聞きしてきました。基本的な業務内容はお寺に常駐し、樹木葬墓を求めるお客様をご案内し、契約、納骨までを担います。

また、お寺の法要や行事、イベントなどのお手伝いを行うこともあります。

販売スタッフ条件

・ワード・エクセルの入力操作に支障がないこと。写真データを取り込んでメール添付するなどのことができること。(なのでメールでご連絡が取れない方はまず難しいです)

・スマホをおもちのこと
・清潔感のある人
・聞く接客のできる人

待遇

当初6ヶ月の試用期間。採用時は日給8500円。随時昇給。

週3日から。土日祝の6割以上は出勤できること。9時~17時勤務で残業なし。

勤務先は全て東京で、久が原庭苑(大田区)、高輪庭苑(港区)、芝庭苑(港区)、牛込庭苑(新宿区)のいずれか。4月以降、京都、名古屋でも求人を始めます。

有給あり、健康診断全員実施、交通費全額支給、週4日以上勤務の人は社会保険の対象。年齢不問。

その他

幹部求人も開始します。販売現場の責任者、寺院営業を行う人材も募集しています。こちらは、希望があれば個別対応です。

ということで、、、

お寺で働きたいという方は時々いますが、縁故が中心だったり採用情報も出ないことが多いので、なかなか難しいんですよね。なのでご興味ある方には、やりがいのある職場ではないかと思います。

もしもやってみたい、興味あるという方がいたら、以下のフォームからご連絡くださいませ。アンカレッジにおつなぎさせて頂きますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

アンカレッジ提携お寺分布図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 2019年エンディング産業展、お坊さんのいそうなブースまとめ

  • 樹木葬はお寺のご近所さん達からも、好かれやすいとデータが示す

  • 京都のお寺で働きたい30代の方、アンカレッジが幹部社員募集中

  • 樹木葬の競合は増えたけど、お寺と人をつなげるお墓は増えていない

  • 駐車場3台分の土地で1億円以上の大ヒット。お寺の樹木葬を改めて紹介

  • エンディング産業展というカオスは、供養を破壊するか?