1. TOP
  2. 01.ほーりーの活動記
  3. 01.宿坊
  4. 韓国のお寺に泊まってきました!

韓国のお寺に泊まってきました!

01.宿坊
 

テンプルステイ

先日、韓国のお寺に泊まってきました

韓国では「テンプルステイ」と言って、
国外へ向けた文化発信基地の役割も担いながら、
ここ数年急速に発達してきています。

このテンプルステイ。私が泊まったのは

慶尚南道の海印寺(ヘインサ)と、慶尚北道の浮石寺(プゴクサ)

どちらも日本の宿坊よりは安宿嗜好のバックパッカー向けという感じで、
部屋は雑魚寝形式です。

テンプルステイの部屋

そしてお勤めは、朝の3時に開始!
早い! なんて早さだ。やっとの思いで起きました(^^;)

しかもお勤めが2時間くらい続いたり。
韓国のお寺に泊まる方は、朝は覚悟が必要ですゾ。
(と、ちょっと、脅してみる)

海印寺(ヘインサ)

でも、新鮮な体験が多くて本当に楽しかったです。

韓国のお寺は日本のお寺とは仏像の形式とか、
建物の配置とかが異なっていて、なんとなく日本のセオリーで
ここにはこれがあるのではと考えていると、ことごとく勘が外れていきます。

ここまで自分の知識が通用しないと、
逆に思いっきり勉強したくなりましたよ!

日本のお寺もいいですが、
たまには韓国まで足を運んでみるのも面白いですよ。
ちょっと、クセになりそうです。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

テンプルステイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • フリーペーパーでしか読めない宿坊研究会

  • 一般の人よりも、お坊さんの方が僧侶に悪印象を持っている

  • 宿泊者が涙した宗元住職の法話は、宿坊で仏教初心者と話し続けた産物

  • 宿坊サミット、無事開催!

  • 宗教とビジネスの融合には、共通課題を探す必要がある

  • コロナ後の宿坊は、地方需要増大・宿泊費上昇・長期滞在化が進む