1. TOP
  2. 03.寺社旅研究家のアイディア集
  3. 02.生き方全般
  4. 正体や目的を明かさない人のメールは無視してます。ごめんね

正体や目的を明かさない人のメールは無視してます。ごめんね

巻物を加えた狐

ほーりーのもとにはビジネス相談の依頼がいろんな業種、立場の方から送られてきます。

だいたいは礼儀正しい方なのですが、ちょいちょいと「うーん、なんだこれ。ブログのネタにしてくれと言うことか」と疑うようなメールがあります。

特に最近気になっているのは、自分が何者なのか、正体や目的を明かさずに相談に乗ってほしいと依頼してくるメールです。

これが意外に多いので、ほーりーはみんな返信せずに無視させて頂いています。ということで今回は、私のところに来たこうしたメールを考察してみます。

正体や目的を明かさずビジネス相談に来るメールの一例

先日、こんなメールがきました(内容は少し変えていますが)

「○○さんからあなたのことを聞きました。××について教えてください」

この一文で終了です。えっと、ふーあーゆー?

また、これよりはマシかもしれませんが、「○○業界で働く××というものです。一度お会いしてお話させて頂けませんか」と言うメールはとても多いです。ポイントは会社名や自分が何をしているか、全く説明しないところ。

本名を書いているから自己紹介はしていると思っているのかもしれませんが、あなたが有名人でなければ、匿名とほぼ変わらないですよ。

むしろ業界だけは明示しながら自分のことはぼかしておくとか、確信犯的ですらあります。

あと、インパクトあったのは「××社の△△です。お聞きしたいことがあるため、○○までお電話ください」と言うものです。これは所属は名乗っているのですが要件を全く書かずに電話してこいという、なかなか挑戦的なメールでした。

すみませんが、こういうの。受け取る立場から言えば、普通に怖いだけです。女性に送ったらストーカーと疑われても、ちょっと文句言えません。

なぜ、正体や目的を明かさないのか?

正体や目的を明かさない方。いろいろ考察してみたのですが、以下に分けられると思います。

情報の流出を怖れている

まずは自分(や、自分が所属する組織)の情報を秘密にしておきたい方。もしも社内の新規プロジェクトで宿坊に関する事業を準備されているとしたら、それは間違いなく極秘情報でしょう。

なので会社名を出さずに個人名で名乗ってくるという動機はうなづけます。

が、これはまあ、失礼な話ですよね。情報流出のリスクで言ったら、相談を受ける私の方がはるかに高いですし。

自分から求めながらリスクは全て相手持ちなんて態度の人(や、会社)とは、付き合っても何も良いことなさそうなので、会うのは遠慮しておきます。

自分を説明できる行動を取っていない

秘密にしておきたいとかそれ以前に、秘密にする情報がない方です。

この前キュンときたのは「ググるだけでは宿坊のことがよく分からなかったので、お話を聞かせてください」というメールでした。

以前、「単に良いアイディアがあれば教えてほしい」というだけの方には会うのをやめます宣言をしました。

話を聞くだけで満足する人の相談には乗らないことにしました

こうした方は自分の足や行動で情報を探す(そして、作る)という考えがないので、「情報の価値」を軽く見ています。なので誰かが教えてくれるのは当然と思っていますし、聞いてもそれを活かしたり教えてくれた相手にお返ししようという気もありません。

これもまた、貴重な時間を割いても得られるものがなさそうなので、お会いすることはちょっと避けてしまいます。

自分を説明するのが面倒くさい

実はものすごい活動をしているんだけど、自分の事を説明する手間は惜しむ人もいるかもしれません。自分の名前と聞きたいことだけ放り投げれば、あとは自己紹介は無駄と思っているタイプです。

が、これもまた、相手の時間を使うことを軽んじていると言わざるを得ません。自分の労力は惜しむけど、相手はタダで動いてくれるという気持ちが透けて見えます。

ほーりーがいくら人と会うことが好きと言っても、誰だか分からない人に会うほど付き合いが良いわけではありません。

こんな方とは会って分かり合えれば楽しいかもしれませんが、巡り合う効率が悪すぎるので、ご縁がなかったものと諦めます。

ということで、、、

こうやって挑発的な文章をわざわざ書くのは、何も上に挙げたようなメールを送ってきた人を懲らしめたいとか謝ってほしいとか、上から目線で自分語りしたいとか、そういったことではありません。

いや、心の奥底ではゼロではないかもしれないけど。少なくとも主目的ではないな。

簡単に言えばメールなんてほんのちょっとの書き方一つで、一生のお付き合いになる人もいれば無視して終わりということもあるわけです。

上記で言えば「情報の流出を怖れている」方と「自分を説明するのが面倒くさい」方とは、この記事が縁を結んでくれる可能性があります。

「自分を説明できる行動を取っていない」方は無理ですが。

そしてビビりでチキンなほーりーは、メールを無視すると相手に悪く思われないかと気が咎めてしまうのです。かといって気づかいのない相手に気づかいするほど暇でもない。

ということで事前に明示しておくことで、不幸な衝突を避けようというのが今回の作戦です。

私自身、自分の事を説明するためにプロフィールページにはかなり力を使っていますしね。

堀内克彦のプロフィール

そんなわけで、よろしくお願いいたします。

\ SNSでシェアしよう! /

ほーりーの旅ブログの注目記事を受け取ろう

巻物を加えた狐

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ほーりーの旅ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あなたのファンじゃなくなりましたと言う、最高のほめ言葉

  • 信頼のブレーキが壊れている池口龍法さんは、やはり天才だと思う

  • 寺社旅研究家として独立して3年。好きを仕事にした7つの理由

  • 美坊主コンテスト優勝者が髪を伸ばした理由が勇ましすぎる!

  • 企画作りの達人3人が使う、3つの円が重なる図

  • 仕事の値段を公表したら、安値の依頼が消えました